中小企業経営強化税制に、D類型が追加されました!

中小企業経営強化税制とは、青色申告書を提出する中小企業者等が、令和5年3月31日までの期間に、認定を受けた経営力向上計画に基づき、一定の設備を新規取得等して指定事業の用に供した場合、即時償却又は取得価額の10%(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)の税額控除を選択適用することができる制度です。

従来のA~C類型に、新たにD類型(経営資源集約化設備)が追加されました。

詳しくは下記ニュースレターをご覧ください。

【2021年9月号】NewsLetter(中小企業経営強化税制)