HOME > わいがや

わいがや

■ バックナンバー >> 2012年05月
ブログトップへ
2012年05月31日 13:46

じゃ?ん!!

ミニQリが2本!
出来ましたー!ついに 収穫です。
もともとは緑のカーテンが目的だったのに、きゅうりは向いてないらしいです。
 
この、もぎたての新鮮なきゅうり☆
食べるんだったら・・・やっぱり浅漬け!?
 
一緒に植えたゴーヤもすくすくと成長しています。
 
そして…
これ 何の芽だか わかりますか?

 
ひょうたんの芽なんですよ。
種を植えて、待つこと約10日…
かわいい芽が3つ
成長が楽しみです。
 
 頼冨

posted by staff at : 13:46
ブログトップへ ページの先頭へ
2012年05月25日 17:20

無意識のしぐさ

しぐさの心理学.jpg

最近、ちょっと面白い本を読んだので紹介します。
「FBI捜査官が教える 『しぐさ』の心理学」河出書房新社刊
ジョー・ナヴァロ/マーヴィン・カーリンズ著

元FBI捜査官のジョー・ナヴァロ氏が「非言語コミュニケーション」の研究をもとに、つい出てしまう人の「しぐさ」から読み取れるその人の心の状態を科学的に分析して教えてくれています。ナヴァロ氏はこういった研究を利用して、殺人事件やスパイを見破る捜査に当たっていたそうです。

言葉や顔の表情は装えても、その人の気持ちは無意識のうちに「しぐさ」に現れてしまうのだそうです。
例えば、頬や額など顔を触る、ネクタイを直すなどといった仕草は自分を落ち着かせようとする「なだめ行動」で今の状況を不快に感じている、とか、腕を組む、相手に膝が向くように足を組むといった仕草は相手との間にカベを作って自分を守ろうとする行動で、対峙している人を敵や脅威だと感じている、といった具合です。
そういった例が写真付きで分かりやすく紹介されています。

「自分もこういう仕草するなあ」ということがいっぱい出てきます。相手の心理を分析するのにも使えるかもしれませんが、自分の仕草を自己分析するのに利用すれば「そうか、自分はこういう状況を不快に感じているのか」という発見が出来ますね。

仕事に関してであれば、苦手なもの、苦痛なものこそ、逃げたり遠ざけたりするのではなく、ことさら前向きに気を引き締めて取り組まなくてはいけません。そうやって自分をコントロールする手助けになればいいなと思います。

ところで、FBI捜査官が書いた本といえば、10年くらい前、「FBI心理分析官」という肩書のロバート・K・レスラー氏が書いた本が有名で、私も何冊か読みました。めちゃめちゃ面白くて影響を受けてしまった当時の私は単純なことに『俺は将来FBIの捜査官になりたい!』などと思っていましたが、今回この本を読んでまた同じことを思っています。

というわけなので、まずは明日から英会話を習いに行こうと思います。

 河崎

posted by staff at : 17:20
ブログトップへ ページの先頭へ
2012年05月11日 13:19

グリーンカーテン

今年もこの季節がやってきました!!
 
そう、グリーンカーテンの準備です。
今年は、昨年に引き続きのゴーヤに加えて、キュウリと瓢箪を植えました。
 
葉っぱが生い茂るのも楽しみですが、実を収穫するのも楽しみです♪
瓢箪は種から植えたので、ちゃんと育つのか不安です。
 
ゴーヤ

キュウリ

瓢箪

 
みんな大きく育ってね。
 
 橋本

posted by staff at : 13:19
ブログトップへ ページの先頭へ
2012年05月08日 17:27

金魚

5月5日は子供の日。
端午の節句を祝って、こいのぼりが靡いていました。
こいのぼりを愛する我が子は、残念ながら女の子なので、我が家にはこいのぼりはありません。
なので、金魚を購入しました!! 魚つながりで・・・(笑)

小さい鉢に、黒と赤の金魚を投入! 小石や、水草、おまけに橋まで買ってきて入れてあげました。 泳いでいる姿を見ては、自分も水槽に入ろうと足を持ち上げてみたり、魚のえさをあげると、「もっとえさをあげる」と何度も繰り返そうとする始末です。

それでも、金魚が我が家にやってきてから、家族で覗き込むようになり、「束の間」が増えた気がします。
大切に飼ってあげようと思います。

 田岡

posted by staff at : 17:27
ブログトップへ ページの先頭へ