HOME > わいがや

わいがや

■ バックナンバー >> 2009年08月
ブログトップへ
2009年08月31日 17:15

☆10周年☆


細川会計も今年で10周年です♪
 
そこで10周年記念と接遇研修を兼ねて2泊3日のディズニーランド旅行に行くことになりました。
 
何故ディズニーかというと『ディズニーランドのスタッフの方々の対応は素晴らしい』との所長の意向により決定しました。
 
以前聞いたことのあるエピソードを紹介してみます。
ある来園者の1人がゴミを捨てようとゴミ箱を探してスタッフに声を掛けたところそのスタッフの方は
『ゴミはそこら辺に捨てて下さい。私たちが拾います。お客様にはゴミのことなど気に掛けずに楽しんでいただきたいのです。』
と答えたそうです。
 
もちろんこれは極端な例だとは思いますが、確かにディズニーランドは来園者が現実を忘れて楽しめるように尽くされているように感じます。
 
せっかくの旅行なので接遇も学びつつしっかり楽しんで来ようと思います。
 
三井

posted by staff at : 17:15
ブログトップへ ページの先頭へ
2009年08月14日 16:12

よさこい

私にとって、夏の一大イベント。
先日高知へ行ってきました。
 
高知入り前日、警報が発令・・・そのため前夜祭中止。
全国ニュースでも放送されていました。
そのニュースをみた時、本祭はどうなるんだろうという思いでした。
 
高知入り当日の朝、香川は雨・・・警報も発令。
とりあえず、バスに乗り込み高知を目指しました。
車内ではそれぞれが化粧をし、髪を整え祭りに向けての準備が着々と進んでいました。
 
すると、高知入りしたころには雨も上がりメンバーのテンションは最高潮。
 
そんなこんなで2日間の本祭中は天気に恵まれ、充実した日を過ごす事ができました。
 
踊り子さんたちの素敵な笑顔!!!にたくさんのパワーをもらい、沿道で応援してくれていた観客の方々に励まされ、祭りを進行してくれていた方々、支えてくれていた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
祭りに参加する一人として、祭りがきっかけとなってその街が盛り上がっていけば良いなと思います。
 
宮脇

posted by staff at : 16:12
ブログトップへ ページの先頭へ
2009年08月10日 14:31

野球

先日、地元の野球チーム(オリーブガイナーズ)の試合を母と子供たちと見に行ってきました。
 
球場へ行く道中で、ガソリンが減っていることに気付きました。
ガソリンの残りの目盛は4つ。私は心配しましたが、母は一言「大丈夫よ。」
母の言葉を信じ、給油せずに球場へ向かいました。
 
試合開始1時間半後に球場に着いたにも関わらす、駐車場は渋滞。
私も最後尾に車をつけ駐車する順番を待ちながら、ふとガソリンの目盛を見ると、すでに2目盛減って、残り2目盛。
まだまだ長蛇の列で、なかなか車を停めれない様子。
すぐにエアコンを消し、テレビを消し、少しでもガソリンを使わないように努めました。
何とか順番になり、車を停めることが出来一安心。
 
みんなお腹が減っていたのもあって、球場に入るとすぐ野球そっちのけで、お弁当を食べ始めました。
腹ごしらえも出来、ようやく試合を見るとすでに6回。ガイナーズが2点リードしていました。
 
試合を最後まで見ると、混んで車が出れなくなるからと、7回が終わる頃球場をあとにして車に乗り込みました。
順調に出口に向かっていると、突然渋滞が・・・。ガソリンもついにEmptyランプが点灯。
ドキドキしながらゆっくりと出口に向かうこと15分。ようやく出口が見えて、一安心。
球場を出てしばらく走ると、ようやくガソリンスタンドが見えてきました。
給油し、エアコンをつけ、快適になって家路へつきました。
 
結局試合を見たのは正味30分程。
初めての野球観戦。いい思い出になりました。
 
西本

posted by staff at : 14:31
ブログトップへ ページの先頭へ
2009年08月04日 15:13

正直

2日続けてテレビネタとなりますが、昨夜、テレビ東京系列のカンブリア宮殿を久しぶりに見ました。今回紹介されていた社長は、何と81歳の飯田勧社長です。やる気と元気のある人は若い!現役で陣頭指揮をとり、まったく81歳には見えません。仕事が元気の源なのでしょう。
 
会社は、高松ではなじみは無いですがOKストアーといって、東京を中心に56店舗のお店を展開する多くの熱烈なファンを持つ激安スーパーです。EDLP(Every Day Low Price)常時安売りというスタイルで躍進し、売上高1900億円、5年で売上高倍増!すごい!流通業冬の時代でありながら、現在も増収中の様です。
 
このOKストアーがモデルとしたのが、かの有名なアメリカのウォルーマートです。イオン、ヨ―カド―は、業態が違うとのことで競合とはならないと言い切っていました。確かにイオン等はEDLPではないですからね。
 
まあ、常に安く仕入れ販売するという戦略もすごいのですが、今回ご紹介したいのは、OKスーパーが大事にしているバリュー(価値)です。
どの様な事を大事にしているかといえば、「正直」です。 これが、創業以来守っている価値です。
 
製品情報を正直に表示するそうです。それをオネスト(正直)カードと呼んでいます。
・このいちごは、時期がずれているためそんなに甘くありません。
・この商品は、メーカーの在庫調整のため、今回は格安になっております。
・この商品は、来月以降値上げを予定しております。
このような情報を「正直」に伝えています。
 
ですから、イオンやヨーカドーのような特売をするのであれば、「明日から特売になりますので、今買わないように・・・」というようなオネストカードを表示しないといけなくなる。すごい!マイナスの情報もすべてお客様に提供し、その上で商品を選んでもらう。
飯田社長は、「値段を見ないのが最高の信頼」と言い切ります。常に安いから見る必要もないとのことですが、その信頼を裏切らないためにも「正直」という価値を守り、情報はすべて提供しています。賞味期限が近い商品も分かる様にしているため、これも気にする必要がないようです。
 
飯田家では、「至誠天に通ず」という孟子の言葉を家訓にしてます。「まごごろをもって接すれば、それは天まで通じて、必ず人を動かす。」との意味です。この家訓が理念につながりお客様の心をがっちり掴んで、OKストアーへの信頼につながっているのでしょう。ですから、熱烈なお客様がどんどん増殖しているのでしょう。
「商いの神髄は真心にある。」・・・飯田社長の歩んできた歴史がよく分かる言葉です。
 
正直、信頼 
言葉で表すのは簡単ですが、実行し、継続してくことは難しいものです。
儲かればいい。手段は選ばないというような会社が多い中、長年、お客様の立場に立って、ぶれずに理念を継続していることは素晴らしいことです。
「会社の目的は利益を上げることではなく、その会社の大切にする価値を守りつつ、理念を達成することである。あくまでも利益を上げることは理念を達成するための手段である。」というベティン教授の言葉が思い出されました。
少しでも飯田社長に近づけるように頑張らないといけないですね。
 
カンブリア宮殿
 
細川 和彦

posted by staff at : 15:13
ブログトップへ ページの先頭へ
2009年08月03日 13:44

本のソムリエ

昨日の日曜日(8月2日)の夜、「エチカの鏡」というフジテレビ系列の番組で、東京都江戸川区にある「読書のすすめ」というちょっと変わった本屋さんが紹介されていました。
 
何が変わっているかというと、店主である清水克衛さんが本を探しているお客様に声をかけ、探している本を尋ねながら、その人の悩み、心の叫びなどをさりげなく聞き出し、今その人が読んだらいいと思う本をお勧めするそうです。
 
もともと本が大好きで30過ぎで本屋を始め、最初は新刊本を平積みしている普通の本屋さんからスタート! しかし、普通の小規模書店では経営的にうまくいかず、試行錯誤している中で、やはり、「お客様の求めている本、お客様の問題を解決できる本をお勧めしたい!」という本屋をやり始めた「当初の想い」の通りにやってみようということになったようです。
 
当初は、清水さんの声かけに乗ってくるお客様は10人に1人程だったそうです。しかし、その1人のお客様が感動し、また、来てくれる、友達を連れてくる、友達を紹介するというように、口コミでどんどんどんどんとうわさが広まり、現在では北は北海道から南は沖縄まで全国からお客様が来るようです。
 
私は、本屋さんに行って、「どの様な本をお探しですか?」「どんなことに悩んでいるのですか?」とか聞かれたことは一回もないです。もし聞かれていたら、10人中9人の方にはいっていましたね。私以外にも声をかけられた人は殆どいないでしょう。だから、買ってから思っていた内容と違う!というような失敗もいっぱいするのですね。
でも、普通の本屋さんの固定概念を打ち破り、今のスタイルまでにもっていったエネルギーはすごいと思いますし、毎日、10冊本を読むという努力もすばらしいです。
 
相手のお役に立つことは何か?ちょっとしたことでいいから、何かの役に立つことはないか?ということを考え、実行することが重要なのかもしれません。清水さんもアクションを起こしたらから、本のソムリエと言われるまでになったのです。
 
心に響く本をチョイスし、感動、感謝を与えることができる本屋さんってすごいですね。相手の求めているものに応え、相手が感動する!これが本当の「御用達ビジネス」です。
このような感動してもらえるような仕事が出来るようにしたいです。
「本のソムリエ」、すばらしいです。
 
読書のすすめ
 
細川 和彦

posted by staff at : 13:44
ブログトップへ ページの先頭へ