HOME > わいがや

わいがや

■ バックナンバー >> 2009年07月
ブログトップへ
2009年07月31日 16:17

手ぶらでキャンプ


7月18日、19日の土、日で、「霧の高原オートキャンプ場」に家族でキャンプに行ってきました。
 
高知道(高速道路)の新宮インターを降り、30分程くねくねした山道を登っていくと、四国では珍しい高原が見えてきます。その塩塚高原に「霧の高原オートキャンプ場」があります。大変、見晴らしがよく、空気も澄んでいて、快適です。この時期、日中は暑いのですが、朝夕は長そでが必要なくらいひんやりとします。高松とは5℃ほど気温が低いようです。また、パラグライダーもよくやっているようで、身近で見ることもできますし、パラグライダーの体験コースもあるようです。
 
そこにキャンプに行ったわけですが、キャンプと言っても、キャンプ道具を持っているわけでもなく、クーラーボックスに飲み物を入れて、後は着替え、タオル等持って行くお手軽キャンプ!実はそこのキャンプ場のこれからキャンプを始めたい方などを対象とした企画で「手ぶらでキャンプ」というものがあり、それに参加してきたわけです。
「手ぶらでキャンプ」には、コースがA?Cコースまであり、今回はAコースで「家族で楽しむ手作り料理コース(カレー)」を申し込みました。なんと料金は1家族8,000円です。1人8,000円じゃないですよ!ハッキリ言ってお得です。
 
12時に集合し、まずは、テントの設置の仕方をスタッフの方が丁寧に教えてくれ、まずは体験。テントを立てるのはお父さんの仕事!スタッフの方が手伝ってはくれますが、汗だくになりながらなんとか完成!それから塩塚高原登山(1?2時間ほどの初心者向き)、気がつけばあっという間に夕方近くになり、夕食の準備です。食材、調理器具もも用意してくれ、ご飯の炊き方、料理の仕方も教えてくれ、いざ料理開始!家族で手分けして料理をし、出来上がったものを一緒に食べる!屋外で食べるのも手伝って単なるカレー、焼きそばがすごくおいしかったです。後はテントで寝るだけ。星がいっぱいの夜空も素敵です。
運がよければ早朝、眼下に雲海が見えます。
 
みなさんもご家族で、是非一度は行ってみてください。大変いいところです。
私は次回は体験パラグライダーに挑戦してみたいです。
霧の高原
 
細川 和彦

posted by staff at : 16:17
ブログトップへ ページの先頭へ
2009年07月06日 10:14

AED

先日、うちの息子の学校で、「家庭教育学級」があり救命措置の講習がありました。日本赤十字社香川県支部の方に来ていただいて非常に楽しく、分かりやすい説明と実技で講習を受けることができました。
 
AEDについては、最近よく見かけるようになりましたし、お客様の中にも持っておられる方もいます。(たしか、30万円ぐらいするそうですが)また、東京マラソンで松村邦洋さんが使用して一命を取り留めたというニュースもありました。しかし、実際に使用するのは今回が初めてでした。
 
AEDは、心臓が正常に動いているもしくは、停止しているときは作動しないそうです。私は、てっきり停止しているときに電気ショックを与えて再度動かすのかと思っていました。そうではなくて、心臓が細かく震えている状態(血液は全身に送り出されていません)のときに電気ショックを与え1回停止状態にした後、胸骨圧迫、人工呼吸で正常な心臓の動きに戻すそうです。
 
使い方は、そんなに難しくありませんでした。スイッチを入れると音声案内が入ってそれどおりに進めれば良いようになっています。訓練で1回やっていると、いざ本番!にも何とか対応できそうな気がします。触られたことがない方は、何かの機会に1度訓練を受けられることをお勧めします。
 
田澤

posted by staff at : 10:14
ブログトップへ ページの先頭へ