HOME > わいがや

わいがや

■ バックナンバー >> 2008年11月
ブログトップへ
2008年11月30日 11:59

紅葉狩り


昨日、大盛況で藤原フォーラム in 広島が終了し、高松から車で一緒に参加したYさん、Fさんと一緒に安芸の宮島に行ってきました。現地で藤原事務所のみなさん、広島藤原塾のみなさんと合流し、厳島神社に行くと思いきや・・・
ロープーウエイに乗って登山に出発・・・・・!
弥山(みせん)という標高535メートルの山に上り、紅葉狩り!
山頂は、ちょっとひんやりした感じで、心地よかったです。

さすが紅葉で有名な安芸の宮島だけのことはありましたね。
本当に紅葉がきれいでした。すばらしいの一言でした。
山頂から見る紅葉、ロープウエイから見る紅葉、紅葉谷公園の紅葉といろんな角度から紅葉を楽しむことができました。今度は家族で行きたいですね。

以前に比べて、紅葉も遅くなってきていると感じます。これも地球温暖化の影響でしょうか。


細川 和彦

posted by staff at : 11:59
ブログトップへ ページの先頭へ
2008年11月28日 09:54

カーシェアリング

カーシェアリングとは、1台の自動車を複数の会員で共同利用する新しい利用形態です。

共同利用によって自動車の保有台数が減り、有料のため自走距離の無駄が減ることによって、CO2の発生を抑える効果が期待されています。

さて、今年の3月に栗林駅界隈でカーシェアリングがオープンしたのをご存知でしょうか?

さっそく私も11月から会員になりました。

担当者の方が、まだお若いのにとても志のある人で、大変な思いをしながらこの事業を立上げておられます。

最初の利用説明時に、ざっくばらんなお話を聞かせてもらって、詳しいことは書けませんが、私は感動しました。

まだエリアは限定的ですが、意外と予約も取りやすくとても便利ですし、操作も簡単です。

カーシェアリングを上手に活用して便利でエコな暮らしに役立てたいと思います。

井上

posted by staff at : 09:54
ブログトップへ ページの先頭へ
2008年11月21日 10:10

道の駅 スタンプラリー


道の駅をご存知でしょうか?
道の駅のホームページによると全国に885ヵ所あるようです。
四国は今現在75ヵ所になっています。

全国でこの道の駅のスタンプラリーが地区別に開催されています。
私は2007年から2008年にかけて約1年間かけて、四国の道の駅のスタンプラリーに友達と参加して、全駅制覇を果たしました。何年も前から全駅制覇に挑戦し続けてましたが、やっと2008年に達成しました。そして、なんと駅長賞にも当選し、高知県香美市の特産品の詰め合わせをいただきました。うれしい限りです。

今度は他の地区のスタンプラリーにも参加して、今度は全国制覇でもしてみたいと思います。

稲木

posted by staff at : 10:10
ブログトップへ ページの先頭へ
2008年11月14日 11:18

支払ったお金は誰のものか

誰でも、生活するためにお金を稼いで使っていると思います。
中には、稼いではいないけど使っているという人もいるかもしれませんが・・・。

さておき、最近考えたのは「支払ったお金は誰のものか」ということです。
普通に考えれば、お金を支払うということは何か物やサービスを受け取っているからのはずです。
なので、物やサービスを持っていた人からそれらをお金と交換したということになるので当然そのお金は受け取った相手のものということになるでしょう。
だとすると、こちらが支払ったお金は相手のものになるのだから、その受け取った人がどう使うかはこちらの知ったことではありません。

でも、最近支払った後のお金の使い道について文句を言う人がやたらと多いなと思う場面があります。
それは、公務員の処遇や不祥事についての話題の時です。
裏金をプールしていたとか、不採算事業にこれだけ突っ込んでましたとか、「国民から取った税金でなんてことをしてくれてるんだ。」というような意見が多く出ているように思います。

税金といえども、(満足度の差は大きくあるとは思いますが、)行政サービス等々の対価として支払うものであるはずです。
そう考えれば、支払った後税金がどのように使われるかは支払った人のとやかく言えるところではないんじゃないだろうかと思います。

物やサービスを購入する場合と少し違うのは、買うのがいやだからといって払わないという道が選択し辛いという点でしょうか。
その代わり、使い道を決める人を選べるという権利があります。最悪(?)自分が使い道を決める人になることもできます。
どちらが良いかは分かりませんが、基本的には同じだろうと思います。

少し物事を単純化して見すぎだと言われるかもしれませんが、僕自身は最近そんな風に考えています。

石丸

posted by staff at : 11:18
ブログトップへ ページの先頭へ
2008年11月07日 13:21

慰労会にて

先日、慰労会をしました。メンバーは所長と私、仕事で付き合いのある方2名の計4名。3軒ハシゴしまして、結局、家に着いたのは1時過ぎでした。
今回は、2軒目に行ったお店の話をしたいと思います。

シガーバーなるところに行きました。葉巻を吸いながらウィスキー等を飲むお店です。
小さめのマンションの1階、薄暗い照明が入り口のドアから漏れているだけ。看板もなくそこがお店であるとはどこから見てもわかるようにはなっていません。
店内は低くジャズが流れており、大人の空気に満ちていました。

「葉巻はどれにしますか。何を飲みますか。」
まったく分からないので、とりあえず所長と同じものを注文しました。

しばらくして、ホットドックぐらいの葉巻と大きなグラスにテイスティングするぐらいの量のウィスキーが用意されました。ウィスキーはボンモアの24年物(?)と言っていたと思います。あまり若いお酒だと葉巻に失礼だというようなことをマスターがぼそぼそと言っていました。

葉巻もウィスキーもうまいのかうまくないのかよくは分かりませんでしたが、落ち着く店内で香ばしい煙と強いお酒に酔うというのは、日頃、タバコとビールの私にはとても新鮮な体験でした。
いつか自分の財布で飲みに行く時間とお金に余裕が持てるようになるのかなと思いつつ、翌日、口の中に残る葉巻とウィスキーの香りと闘いながらいつもどおり仕事をしました。

石井

posted by staff at : 13:21
ブログトップへ ページの先頭へ