HOME > わいがや

わいがや

■ バックナンバー >> 2008年06月
ブログトップへ
2008年06月29日 20:33

屋島からの絶景


大変、長らくお待たせいたしました。
2年前の4月にHPを開設し、制作をお願いした業者さんの「最近ブログを書くのは常識ですよ」との一言に、「お願いします。」と言ってしまったばかりに、ブログコーナー開設!2年余りの熟成期間を経て、今日ようやく開設の運びとなりました。
ワインと違い、熟成しても意味がないですね。

今朝は、6時に起床し、7時前から自転車で一路屋島へGO!
ちょっと説明しておくが、屋島は那須与一が扇の的を弓矢で射ぬいたことで有名な源平の古戦場である。山上には四国八十八か所の屋島寺がある今は島ではなく陸続きなっている台形のちょっと変わった小高い山である。

話を元に戻すが、なぜ屋島登山かというと、運動不足解消とダイエットのために、昨年の夏から週末土日のいずれか登るようにしていたが、9月になると毎週が2週間に1回となり、10月には3週間に1回へペースダウン、11月は月に1回のみと寒さに負けて途絶えてしまったものが今日復活したわけである。

自宅から約15分で登山道の入り口に到着。そこまで結構急な坂を登るため、これがしんどい。心臓がバクバク・・・
一休みして、いざ登山、約30分で屋島寺の南門に到着。
自転車に引き続き、登山も・・・しんどい・・・・。
息が上がるわ、汗はタラタラ・・・
でも、気持ちがいい。

そこから遊歩道をぐるっと一周するのが昨年の定番となっていたので同様に遊歩道を歩き出す。遊歩道から瀬戸内海を見下ろすと、な、な、なんと。海一面雲海ではないか・・・雲海の中から小島が顔を出すというビューティフル!ワンダフル!な景色・・
こんな景色は初めてである。
何か早朝から思いっきり得をした気分である。
てっぺんの大嶋啓介氏の推薦する西田文郎先生の本を読んだから、ツキが回ってきたのかも知れない?
この絶景を携帯で1枚、ブログからツキを発信・・・

また、来週も登るぞと心に決め、ウキウキしながら下山。


細川 和彦

posted by staff at : 20:33
ブログトップへ ページの先頭へ