HOME > わいがや

わいがや

2018年05月22日 09:17

美しい季節

5月です。
娘が通う幼稚園がキリスト教系なので幼稚園からのお知らせや配布物に「一年で一番美しい季節です。」とそこかしこに書かれています。芽吹き、誕生の季節として美しいとのことです。
どの季節も美しいと心の中でツッコミを入れてしまいますが、5月もやはり美しいですね。
家の周りを散歩したり、車を運転していても、木々や草花の新芽が出ていてそこに強くなった日差しが当たり街が明るくなる気がします。

最近、娘に「これが新芽だよ、この春に生まれた赤ちゃんだね。」と話をしてからは、散歩するたびに「これが新芽、ここにもある!」と楽しそうに教えてくれます。
その度、確かに美しい季節だなぁと感じます。

また、私はこの時期の緑色のモミジが大好きです。
モミジの木陰の濃淡はいつまでたっても見飽きません。
特にお茶席の毛氈(もうせん・赤いフェルトみたいな敷物)の赤とモミジの若い緑色がきれいで、この時期の野点はわくわくし、お客様とこの気持ちを共有したくなります。

ほら、やっぱり美しく素敵な季節でしょ、と言われそうですね。

・・・現実としては5月中旬より花粉が収まることが一番素敵なことだと思ってしまいます。


吉田

posted by staff at : 09:17
2018年05月15日 16:28

娘の話

最近の娘の話題のはしばしに出てくるのは、「地獄の話」
図書館で借りてきた本に、地獄のことが載っていたからです。

本の内容を要約すると、自分がしたことは良いことも悪いこともすべて魂に記録されており、死んだ後に魂の精算が行われる。良いことの方が多ければ天国だが、悪いことが多ければ地獄とのこと。
地獄はマンションのように階層があり、まだましな人は天に近い最上階とかですが、
悪い事ばかりした人は1階、2階に住むこととなり、恐ろしい罰が待っています。


それを知ってから娘は、ママ、私地獄に行くかもしれんと懺悔の日々。
わけを聞くと、アイスを1日1個の約束を破って2個食べちゃったから、お片付けを忘れたからなど、他愛もないことです。
それくらいで地獄に行くなら私は確実に地獄行きです。
どうしたら天国に行けるのか、天国はどこにあるのかと気になるよう。
ママには分からないけど、少なくとも飛行機でいけないことは確かやで〜と適当に返すと怒られ。
あなたが地獄に行くならママも付いていくよと返したら、仲間が出来てちょっと嬉しそう。
今では地獄の鬼からママを守ると、廊下の端から端まで1回走るという鍛錬を、日々行っているようです。


生きていたら悪いことをしてしまうこともありますよね。
してしまったことを悔やんでも今更なかったことにはできないのだから、その分いいことをいっぱいしたらいいやん。
何十年か後に振り返ってみて、私の人生プラマイマイナスやん!と思わないように、人生を真面目に生きていきたいなと思います。


横矢

posted by staff at : 16:28
2018年01月10日 09:19

年末

12月26日にクリスマスツリーの片づけをしていたら、ピンポーン★
荷物が届きました。
明けてみると、中身はしめ飾り。。。。。
毎年名古屋の素敵なお花屋さんに作っていただいてます。
とりあえず開けてみます。
で、いつから飾っていいんやっけ・・・
毎年おんなじことを考え、おんなじようにスマホで調べてみる感じです。
29日と31日を避けて飾ればいいと。
とりあえず大掃除を終えてから飾って神様をお迎えしましょうと。
それでもせっかく届いたんだから一日でも長く飾りたいと思ってしまいます。
というわけで玄関もまだ完璧に掃除はできてませんが飾っちゃいました。
今年は例年よりカラフルなしめ飾りがたくさん売られているとテレビで見ました。
わたしが子供のころは神様、仏様だけでなく車や井戸にもおもちやしめ飾りを
置いてましたが、わが家では唯一玄関だけに飾ります。
今年も一年、家族みんなが元気に過ごせたことに感謝しつつ、新年を
また新しい気持ちで迎えたいと思います。
DSC_0224.JPG

posted by staff at : 09:19
2018年01月05日 09:09

小豆島マラソン

投稿が遅くなってしまいましたが、、、
昨年11月26日に弊所から所長と私、そして協力者の丸山さんと3人で走って来ました、小豆島タートルマラソン10キロ!!!

自ら宣言した以上、逃げ出したいという気持ちをなんとか抑え込み(笑)事前練習も頑張りました。
しんどい時の辛い事!
ぶっちゃけもう走りたくありません!

ですが、
所長が前を走っている時のなんだかカッコいい後ろ姿。
私の軽い誘いに快く協力してくださる丸山さんの随分前を走っている姿。
事務所のみんなに、頑張れと声をかけてもらえる事への暖かさ。

こうやって何かに必死に取り組むのも悪くないな?
そして、関わってくれた人達への感謝を改めて感じました。
日本一のアスリート達が、よくインタビューで感謝を口にしていたように思いますが、その日は私もそんなアスリート風を吹かしてみました。

2018年、感謝の気持ちを決して忘れず素敵な年にしていきます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。 

上原

posted by staff at : 09:09
2017年11月29日 14:40

ポップコーン

先日、フリーマーケットに行ってきました。
フリーマーケットに行こうとして行くことはあまりないのですが、出店者と話をしたりする楽しみを知ったり、それほど出ることのないシルバニアファミリーの廃版のおもちゃなどを手に入れられたりしてハンティング欲が刺激されました。

そろそろ帰ろうとした時お出かけをしたら何か一つ、屋台等で家族で食べるお菓子やデザートを買ってもらえると思っている娘が「何か食べたいな〜。」と思わせぶりにおねだりしてきました。
何か一つ選んでいいよと言うと娘が選んだのは

ポップコーン。

なんで、よりによって・・・。
主人も私もそれほどポップコーンが好きではありません。
咬んだ時のキュッとした感触が、
炒ったあとに残っている皮が、
ランダムに混ざりきっていない味が・・・。

主人は、はっきりとたい焼きを娘に勧めるも却下。
バイバイたい焼き。
非常に低いテンションの私と、わっくわくの娘とでポップコーンを買うことになりました。

すごく愛想よく、接客の素敵な方だなと思いつつ、好きなものを選べと言っておいていざとなると自分の苦手なものを選んできた娘のセンスにしょんぼりしながら、それを表に出さぬよう気を付けつつポップコーンを買いました。
随分、失礼な奴です。

終始テンション底辺の私と大喜びの娘。

そして食べる・・・。


??
おいしい。

今まで食べたことないおいしさです。
あのキュッとした嫌な触感がない、炒った後の皮も口に残らない
フレーバーがしっかりかかっていてどれにも味がある!
私の中のポップコーンの概念が変化していくのを感じました。

そこからは大人げない争いへ。
あれほど不満をあらわにしていた大人二人が娘のポップコーンをもう少し欲しい欲しいというものですから
「もー!なくなるよ!!」
とおこられ、どの口がいうのか、おいしいうちに食べようなどと言いながら、何より娘に感謝して家族でおいしく頂きました。
お店の人にもお礼を言いたいです。

そんなこんなで私の価値観を変えたポップコーンの名前は
「ジェリーズポップコーン」です。

基本はイベント等に出張して販売していることが多いようですので見かけたら是非是非ご賞味してみて下さい。
私はひそかにイベント出店の情報をチェック中です。

吉田

posted by staff at : 14:40
カテゴリー
エントリー
バックナンバー
2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31